パーレー法のシミュレーションや攻略法を解説!少額の資金でも大勝できる!?

カジノゲームにおける攻略法の一つである「パーレー法」は、バカラやルーレットなど、勝率50%以上かつ独立事象のゲームで活用できます。

連勝中のみ賭け金を倍にし、負けたら次の勝負から賭け金を最初のレートに戻るという賭け方となり、少額の資金でも勝ち続ければ短時間で大勝できます。

ただし、パーレー法には1回負けるとそれまでの利益がゼロになるというルールがありますので、利益を確保したいのであれば、連勝中に降りる勇気を持たなければなりません。

その一方で「パーレー法の欠点はマーチンゲール法でカバーできる」ともいわれています。

連勝を恐がることなく、両方の攻略法をうまく使い分けることで、より勝率を上げられますよ。

今回は、パーレー法の上手な使い方についてお話ししていきます。

パーレー法とは

パーレー法とは

パーレー法は、勝つと賭け金が倍になり、負けた場合は賭け金がリセットされる賭け方です。

負けると賭け金を倍額に設定する賭け方である「マーチンゲール法」とは正反対の手法で、「逆マーチンゲール法」とも称されています。

そんなパーレー法の大きなメリットは、以下の2点です。

  1. 資金が少なくても短時間で多くの利益を出せる
  2. 少ないリスクで大きな利益を出せる

このような性質からカジノだけでなく金融の世界、FX取引でも採用されています。

マーチンゲール法の賭け方や勝率などについて詳しく知りたい人は、マーチンゲール法について詳しく解説している記事【マーチンゲール法】もあわせてご覧ください。

マーチンゲール法を使った攻略法やシミュレーションを解説! この方法で絶対に勝てる!?

短時間で資金が少なくても多くの利益を出せる

「パーレー法」は連勝するとベット額が倍になるため、勝ち続ける限りは利益がどんどん増えていきます。

パーレー法を使うことで、多くの勝利金を短い時間で手にすることが可能になりますので、資金に余裕がない人にこそオススメの賭け方です。

少ないリスク大きな利益を生み出せる

パーレー法は、ゲームに勝った場合のみ次のベットで賭け金を倍にできます。

ただし、負けると1回目に設定したベット額にリセットされますので、万が一負けてしまっても損失は最小限に抑えることができます。

よって、パーレー法ならリスクが少ない割に連勝が続くと大きな利益が手に入りますし、勝てなかった場合でも少額の負けに抑えられるのです。

パーレー法を有効活用できるカジノゲーム

パーレー法を有効活用できるカジノゲーム

数あるカジノゲームの中でも、パーレー法が有効となるのは勝率50%以上かつ独立事象のゲームです。

「独立事象のゲーム」とは、以下のように前回の結果が次のゲーム結果に影響しないものを指します。

  • ・ルーレット
  • ・バカラ
  • ・ブラックジャック
  • ・ポーカー

パーレー法は、スロットのように前のゲーム内容が次のゲームに影響してくるものには利用できません。

しかし、上で挙げたテーブルゲームおよびライブカジノゲームなら勝率も50%以上ですし、前回のゲーム結果が次回に影響することはありませんので、パーレー法を活かして利益を増やすことができます。

パーレー法をシミュレーションで理解しよう

パーレー法をシミュレーションで理解しよう

パーレー法は、勝ち続ける限りベット額を前回の倍にする方法であるとお話ししてきましたが、より理解していただけるよう、ここでは具体例を入れて改めて解説していきます。

【資金100ドル:配当2倍のゲームをパーレー法で10回遊んだ場合】

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
勝敗 × × ×
賭け金 1 2 4 1 1 2 4 1 2 4
ベット後の残金 99 99 99 98 97 97 97 96 96 96
累計資金 101 103 99 98 99 101 97 96 96 96

1~4回に書かれた「ベット後の残金」を見てもらうとわかるとおり、負けが続かない限り、前回の資金を割ることはありません。

また、3・4回目のように負けが続いても損失はわずか1ドルですが、5・6回目のように勝ちが続けば勝利金は賭け金の倍になりますので、いかにパーレー法がリスクを最小限にして大きく勝てる方法かがわかりますね。

パーレー法を使うにあたって留意すべきこと

パーレー法を使うにあたって留意すべきこと

カジノでパーレー法を使って賭けることを検討する際には、以下3つのポイントに注意をしてください。

  • ・テーブルリミットがある場合は大勝できない
  • ・一度負けると利益は0になる
  • ・連勝する確率は極めて低い

一つずつ解説していきましょう。

テーブルリミットがある場合は大勝ができない

オンラインカジノでは、ほとんどのゲームでテーブルリミットと呼ばれるマックスベット額が決められています。

マックスベット額が決められていると連勝が続いていても賭け金を増やせませんので、勝つごとに賭け金が倍になるパーレー法は続けられません。

短時間で大勝を目指すなら1回のベット額も高額にしなければなりませんので、ゲームをプレイする前は、ベット額の上限をよく確認することが大切です。

一度でも負けると利益がゼロになってしまう

パーレー法は、勝ったら次のベット額を倍、さらにその倍といった具合で設定して、勝利金を効率的に増やす賭け方です。

ただし、ゲームに1回負けると利益が0になってしまいますので、引き際を見極めなければなりません。

以下にシミュレーション表を用意しましたので、仕組みを確認していきましょう。

【資金100ドルからスタート、配当2倍のゲームをした場合】

ゲーム数 1 2 3 4 5
勝敗 × ×
賭け金 1 2 4 1 1
ベット後の残金 99 99 99 98 97
累計資金 101 103 99 98 99

この表で見てみますと、所有資金は100ドルからスタートしていますが3回目に負けてしまいましたので、103ドルまで増えていた利益はゼロになってしまいました。

このように、パーレー法は勝てると瞬時に利益が倍になるというメリットがある反面、1度でもゲームに負けてしまうと、せっかくそれまでに貯めてきた利益がすべて帳消しになってしまうのです。

連勝しているからと勢いにのってゲームを続けてしまうと突然利益がゼロになってしまう可能性もありますので、パーレー法は連勝中にいかに止めるかを見極めることがカギとなります。

連勝する確率は極めて低い

先ほどからの述べているように、パーレー法は連勝をしてこそ利益が生まれる賭け方です。

しかし5連勝・10連勝と勝ちが続く確率は、独立事象のゲームで使える手法とはいえ極めて低いです。

実際に、パーレー法が適しているとされる勝率50%以上の独立事象のカジノゲームで実践してみた場合の期待値をシミュレーションしてみましょう。

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
期待値 50% 25% 12.5% 6.2% 3.1% 1.6% 0.8% 0.4% 0.2% 0.1%

この結果からもわかるとおり、勝率50%という、わりと勝ちやすいゲームでも、5連勝・10連勝と何回も勝利を重ねることは本当に難しいのです。

勝負に勝ち続けると欲が出てさらに賭けたくなりますが、パーレー法は1回でも負けてしまうと利益は0に戻ります。

この手法を使う際は、あらかじめ自分の中で連勝回数を決めておき、自分が設定した回数に達したら止めるという約束を守るのが必勝ポイントとなります。

他の攻略法と組み合わせて使うと強さを発揮するパーレー法

他の攻略法と組み合わせて使うと強さを発揮するパーレー法

これまで解説してきたように、パーレー法は勝ち続ければ利益がどんどん増えていきますが、1度でも負けた瞬間に利益がゼロになるリスクも併せ持っています。

前項でもシミュレーションしたとおり、勝率50%以上かつ独立事象のゲームで使ったとしても、5連勝する確率は3.1%、10連勝ともなると、わずか0.1%にしかなりません。

パーレー法は負けた際に損失を取り返すための攻略法を、組み合わせて駆使することが重要になります。

その方法こそ、パーレー法とは真逆の手法である「マーチンゲール法」です。

マーチンゲール法は、カジノゲームで負けるごとにベット額を倍、またその倍と増やしていき、勝利したタイミングでベット額をリセットするという戦略です。

そのため、以下のシミュレーション表を見てもわかるとおり、マーチンゲール法を使えばどれだけ連敗しても1回勝つだけでこれまでの損失を補えるようになっているのです。

【資金100ドル:配当2倍のゲームをマーチンゲール法で10回遊んだ場合】

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
勝敗 × × × × × ×
賭け金 1 1 1 2 4 8 16 1 2 1
ベット後の残金 99 101 102 100 96 88 72 103 101 104
累計資金 102 103 102 100 96 88 104 103 105 104

この仕組みを使い、原則としてパーレー法でゲームを進めていき、負けに転じた瞬間、損失が回復するまでマーチンゲール法を使えば、デメリットをカバーできるようになります。

わかりやすいよう、パーレー法マーチンゲール法を組み合わせたシミュレーション表を作成しましたので、以下をご覧ください。

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
勝敗 × × × × ×
賭け金 1 2 4 1 2 4 16 1 2 4
ベット後の残金 99 100 100 99 97 93 77 108 108 104
累計資金 102 104 100 99 97 93 109 110 108 120
手法

このように、2つの攻略法を用いれば両者のデメリットを相殺できますので、負けが続いたとしても、最終的には利益をあげてゲームを終わらせることができるのです。

オンラインカジノでより確実に利益を増やすのであれば、一つの攻略法だけに固執するのではなく、さまざまな攻略法を組み合わせ、それぞれのデメリットを補う戦略に打って出ましょう。

まとめ

「パーレー法」は、ルーレット・バカラ・ブラックジャック・ポーカーのように、勝率が50%以上の独立事象のゲームで利用できる攻略法です。

パーレー法の賭け方は、ゲームで勝利するごとに賭け金を倍にしていきます。

そして一度負けたらその時点でリセットして、次のゲームでは1回目のベット額に設定しなおす方式です。

短時間で利益を増やすことができる分、1回でも負けてしまうと利益がゼロになるため、このデメリットを補える「マーチンゲール法」との併用がオススメです。

オンラインカジノでルーレットやバカラなどのテーブルゲームを楽しむ際は、この記事を参考にパーレー法とマーチンゲール法を組み合わせ、より効率よく利益を得られるようにしていきましょう。

オンカジで遊ぶなら人気No1のVera&John

日本初の「スマホ」でも遊べるカジノ。登録後すぐに本格的なゲームが出来る!

ベラジョン

ライブゲーム(BJ、ルーレット、バカラ、ポーカー)に加えて、スロットやテーブルゲームも。新ゲームも続々追加中!