レットイットライドのルールとは?ゲームの流れ・役・配当・攻略法まで徹底解説!

レットイットライドはカードゲームのポーカーの一種です。
ポーカーは手札が5枚ですが、レットイットライドでは5枚のカードのうち2枚を場のメンバーと共有するルールです。
ルールが単純なので、カジノで人気の高いゲームの一つです。
ここでは、レットイットライドの詳しいルールやゲームの流れ、役、配当、さらに、攻略法についてご説明します。
オンラインカジノでレットイットライドを遊びたい!という方は、必見です!

レットイットライドの基本ルール

レットイットライドの基本ルール<
レットイットライドとはどのようなゲームなのか、まずは基本ルールについて簡単にご説明しましょう。

まず以下の2種類のカードを足した、5枚のカードで役を作ります。

・各プレーヤーに配られる手札3枚
・コミュニティーカードと呼ばれる場の共通カード2枚

ディーラーや他のプレーヤーとの勝負ではなく、プレーヤー自身が役を成立させられるかどうかで勝敗が決まります。
上記の5枚のカードで、10のワンペア以上の役を作れれば勝ちです。

そして、配当は役の強さによります。
役と配当については、のちほど「レットイットライドの役と配当は?」にて詳しくご説明します。

ゲームの簡単な流れは以下のとおりです。

①ベットタイム
「1」、「2」、「$」のエリアにベットする。
「Bonus」に追加ベットすることも可能。

②カードが配られる

③1回目のベットタイム
「1」に賭けたチップについて、3枚の手札を見て勝負するか降りるかを決める。

④2回目のベットタイム
「2」に賭けたチップについて、コミュニティーカードが1枚オープンされ、勝負するか降りるかを決める。

⑤勝敗が決まる

レットイットライドは上記の流れからもわかるとおり、勝負するかどうかを決めるタイミングが2回あります。
1回目では3枚の手札のみ、2回目では手札と1枚のコミュニティーカードのみで勝負するかを判断しなければなりません。
それぞれのタイミングで勝負を判断する面白さがあります。

このように、ゲームの流れはシンプルなので、初心者でも楽しめるでしょう。
詳細なゲームの流れについては、次章の「レットイットライドのゲームの流れ」でご説明します。

使うカードは、ジョーカーをのぞく52枚のカードです。
カードの強弱は一般的なポーカーと同じで、以下のとおり2が最弱でAが最強です。

2 3 4 5 6 7 8 9 10 J Q K A
←弱い                           強い→

レットイットライドのゲームの流れ

レットイットライドのゲームの流れ
レットイットライドの基本的なルールを理解したら、具体的なゲームの流れについて見ていきましょう。
ゲームの流れをおさえれば、すぐにゲームに参加できるようになるはずです。

着席してゲームを始める

テーブルに着席して、ゲームを始めます。
空いているテーブルがあればいつでも参加できますので、気軽に着席しましょう。

最初のベットタイム

最初のベットタイムです。
レットイットライドには、「1」、「2」、「$」、「Bonus」という4種類のエリアがあります。
「1」は1回目のベット、「2」は2回目のベット、「$」は最後の勝負のチップを置く場所です。

「1」、「2」、「$」の3つのエリアすべてに同額のチップを賭ける必要があります。
1ドル賭ける場合は合計3ドル、2ドルなら合計6ドル必要なので、最初はチップを1枚ずつ三か所に賭けるとよいでしょう。

また、追加で「Bonus」のエリアに賭けることも可能です。
ボーナスエリアに賭けた分の配当は上がりますが、スリーカード以上の役ができなければボーナス配当はありません。
ボーナスは当たれば大きいものなので、大きく勝ちたい人はここに賭けるのも面白いでしょう。

この後、1回目と2回目のベットタイムがあり、それぞれのタイミングで勝負するかどうかを判断します。
それぞれで勝負を降りると、「1」と「2」のチップは返ってきます。
しかし、最後の勝負に賭けたチップは必ず賭けなければならず、戻ってきません。

これ以降追加ベットはできず、最初のベットタイムで賭け金を決定しなければなりません。
熟考の上ベットしましょう!

カードが配られる

プレーヤーに3枚、ディーラーに2枚のコミュニティーカードが配られます。
この時点では、すべてのカードが裏向きになっていて見ることはできません。

1回目のベットタイム

1回目のベットタイムで、プレーヤーの3枚の手札のみがオープンになります。
そして、「1」のエリアに賭けたチップについて、勝負するか、降りるかを決めます。
この時点では、プレーヤーは手札の3枚のカードしか見られず、3枚のみで勝負するか降りるかを決めます。

手札の中ですでに役ができていれば、勝負を続行しましょう。
しかし、そうでない場合は、コミュニティーカードを予想して判断しなければなりません。
それがこのゲームの醍醐味です。

勝負すると、そのままゲームは続きます。
降りると、「1」にベットしたチップが返却され、ゲームは続行です。

なお、勝負することを「RIDE」、降りることを「PASS」ともいいます。

なお、降りる場合でも、プレーヤーはカードやチップに触ってはいけません。
ディーラーがチップを返却するまで、待ちましょう。
それは、この後の流れでも同様です。

2回目のベットタイム

2回目のベットタイムで、コミュニティーカードが1枚だけオープンになります。
そして、「2」のエリアに賭けたチップについて、勝負するか、降りるかを決めます。
この時点では、プレーヤーは手札の3枚のカードと、コミュニティーカードを1枚見ることができます。
4枚のカードで勝負するか降りるかを判断するので、1回目よりも判断しやすいでしょう。

1回目と同様に、以下のような流れになります。

勝負すると、そのままゲームは続きます。
降りると、「2」にベットしたチップが返却され、ゲームは続行です。

勝敗が決まる

2回目のベットタイムが終わると、いよいよ勝敗が決まります。
手持ちのカード3枚を、「$」に賭けたチップの下に入れます。

残り1枚のコミュニティーカードがオープンになり、勝敗が決まります。

10のワンペア以上の役ができていればプレーヤーの勝ちで、できていなければ負けです。
配当は、役の強さによって変わります。

レットイットライドの役と配当は?

レットイットライドの役と配当は?
レットイットライドで勝つとどれくらいの配当がもらえるのでしょうか?
役は基本的には、一般的なポーカーと同じです。

ここでは、レットイットライドの役と配当の表をご紹介します。

【レットイットライドの役と配当表】
役の名前 内容 配当 Bonus配当
ロイヤルストレートフラッシュ 同じ柄の「10、J、Q、K、A」のカードがそろう。 1,000倍 20,000倍
ストレートフラッシュ 連続した数字で、しかも、すべて同じ柄がそろう。 200倍 2,000倍
フォーカード 同じ数字が4枚そろう。 50倍 400倍
フルハウス ツーペアとスリーカードが同時にそろう。 11倍 200倍
フラッシュ 同じ柄のカードが5枚そろう。数字が連続している必要はない。 8倍 50倍
ストレート 連続した数字が5枚そろう。同じ柄である必要はない。 5倍 25倍
スリーカード 同じ数字が3枚そろう。 3倍 5倍
ツーペア ワンペアが2組そろう。 2倍 なし
10以上のワンペア 同じ数字が2枚そろう。ただし、10以上の数字でなければ役にならない。 1倍 なし

レットイットライドで遊ぶときは、役の内容は一とおり覚えましょう。

この表を見てもわかるとおり、「Bonus」に賭けた場合、スリーカード以上の役が出なければ配当はつきません。
当たると倍率がかなり高く大勝ちできますが、当たる確率は低いのでご注意ください!

レットイットライドで勝つための攻略法とは?

ルールや役、配当についてひととおり理解したら、攻略法について考えてみましょう。
どうすれば勝てるのか、レットイットライドの攻略法についてご説明します!

10のワンペア以上ができていれば勝負を続行しよう

このゲームの基本中の基本ですが、1回目のベットタイムの時点で手札に10のワンペア以上があれば、勝負しましょう。
その時点で勝ちが確定しているので、勝負を続けても損をすることはないからです。
むしろ、役ができているのに1回目と2回目で降りてしまうと、せっかくの勝利金をもらえません。
10のワンペア以上で必ず勝負を続行しましょう。

手札に10以上のカードがある場合は勝負するという手もあり

手札に10のワンペア以上ができていない場合はどうすればいいのでしょうか?

手札に10以上のカードがある場合は、コミュニティーカードの中に同じカードがあれば役ができます。
その可能性を考えて、勝負するのもよいでしょう。

なお、2回目のベットタイムの時点で10以上のカードがない場合は、10のワンペア以上が成立するパーセンテージはゼロです。
この場合は勝負を降りてください。

役が成立する確率をある程度頭の中に入れておこう

ポーカーをプレイする際も同様ですが、役が成立する確率は決まっています。
その確率をある程度頭に入れておくことで、勝負するか降りるかの判断が明確になります。

役が成立する確率は以下の表のとおりです。

【役が成立する確率表】
役の名前 確率
ロイヤルストレートフラッシュ 0.00015%
ストレートフラッシュ 0.00139%
フォーカード 0.024%
フルハウス 0.144%
フラッシュ 0.197%
ストレート 0.392%
スリーカード 2.11%
ツーペア 4.75%
ワンペア 42.25%

ワンペアができる確率は約40%ですが、10以上のワンペアが出る確率はさらに下がります。
上記でご説明したように、手札を見て10のワンペア以上が出そうにない勝負を続けると、負け続けてしまうのです。

ボーナスには基本賭けない

ボーナスの配当はかなり大きいのでつい賭けたくなってしまいますが、基本的には賭けない方がよいでしょう。
なぜなら、上記の役が成立する確率表を見てもわかるとおり、ボーナスの配当がつくスリーカード以上の役が出る確率は3%以下と、かなり低いからです。
基本的にはボーナスには賭けないことをおすすめします。

テキサスホールデムはどんなゲーム?ベラジョンカジノでの遊び方や攻略法を紹介!

テキサスホールデムはどんなゲーム?ベラジョンカジノでの遊び方や攻略法を紹介!

まとめ

レットイットライドのゲームの流れ、基本的なルールと役や配当、必勝法について詳しくご説明しました。
カードの強弱など原則的にはポーカーと同ルールなのですが、ゲームの流れが違います。
ディーラーや他のプレーヤーと勝負するゲームではありませんので、初心者でも気楽に楽しめるところが魅力です。
ある程度流れとルールを覚えれば、すぐに慣れますので、オンラインカジノでぜひ遊んでみてくださいね。

オンカジで遊ぶなら人気No1のVera&John

日本初の「スマホ」でも遊べるカジノ。登録後すぐに本格的なゲームが出来る!

ベラジョン

ライブゲーム(BJ、ルーレット、バカラ、ポーカー)に加えて、スロットやテーブルゲームも。新ゲームも続々追加中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です