オンラインカジノのレッドドッグとは?基本ルールや配当、効果的な戦略を解説

レッドドッグは、オンラインカジノで楽しめる人気カジノゲームの一種です。
比較的マイナーなテーブルゲームである一方で、奥が深く、日本人のコアなファンも存在します。
今回は、レッドドッグの基本ルールや配当を紹介し、効果的な戦略にも迫ります。

オンラインカジノで遊べるレッドドッグとは

オンラインカジノで遊べるレッドドッグとは

レッドドッグは、1800年代にアメリカで誕生したとされるトランプゲームです。
「ヤブロン」や「レッドドッグポーカー」という名前が付くこともあり、これらのゲームを選んだ場合も、基本的なルールはレッドドッグと同じです。
ラスベガスなどのランドカジノでも、レッドドッグで遊ぶことはできます。

ただし、レッドドッグは決して人気が高いカジノゲームとはいえません。
ランドカジノでは隅に追いやられることも多いのですが、近年は、オンラインカジノユーザーによって親しまれるようになりました。
後に詳しく紹介しますが、ルールは非常にシンプルなので、初心者が試しやすいこともポイントです。

ゲームのルールを大まかに説明すると、3枚のカードのうち、1枚の数字を予想するという内容になります。
両端のカードはオープンな状態で表示され、真ん中の1枚が伏せられています。
その1枚のカードが、2枚のカードの数字の中間に収まるかどうかを当てるというゲームです。

レッドドッグの結果は、3枚のカードが並んだ時点で、すでに決まっています。
新しいカードを引いたり、ほかのプレイヤーやディーラーと心理戦をしたりということがありません。
すべてのカードがオープンになったときに、どんな数字が並んでいるのかを予想してベットするだけなので、とてもシンプルです。

レッドドッグの基本ルール

レッドドッグの基本ルール

レッドドッグがはじまると、まずは2枚のカードがフィールドに登場します。
このカードの内容に応じて、その後のゲームの内容や賭け方が変動することが特徴的です。
この後で詳しく紹介しますが、具体的には、「スプレッド」「ペア」「コンセクティブ」の3種類にわかれます。

スプレッド

2枚のカードの数字を比較して、開きがある場合には、「スプレッド」のルールが適用されます。
3と5、4と7、1と10のように、引き算をして2以上の数字が開く場合がスプレッドです。
この場合に限り、新しい3枚目のカードが配られることになります。

3枚目のカードの中身が、すでに開かれている2枚の数字の間に収まる場合に、配当が支払われます。
たとえば最初の2枚が4と6だった場合は、3枚目が5だった場合だけプレイヤーの勝利です。
同様に、最初の2枚が1と9だった場合は、3枚目が2~8のいずれかならプレイヤーの勝ちになります。

当然のことながら、2枚のトランプの数字が開いていればいるほど、プレイヤーに有利になります。
そのため、数字の差によってスプレッドのカテゴリーが変わり、プレイヤーに不利な数字ほど配当が高くなるのです。
どの程度の差が生まれるのかを表にまとめてみました。

カテゴリー 開く数字の差 倍率
スプレッド1 1 6倍
スプレッド2 2 5倍
スプレッド3 3 3倍
スプレッド4~11 4~11 2倍

たとえば2枚の数字が7と9だった場合は、その間に入れる数字が8しかありません。
この場合は「スプレッド1」に該当し、配当は6倍です。
同じように、間に入る数字が多ければ多いほど倍率が下がり、3と8など、間に入れる数字が4つ以上になると、倍率は2倍に下がります。

スプレッドでは、「レイズ」と「スタンド」の選択肢が出現します。
レイズを選ぶと賭け金を2倍にでき、スタンドを選べば最初の賭け金をそのまま使います。
たとえばスプレッドが11など、高確率で勝てる場合には、レイズを選んで勝負するといった戦略をとることができるのです。

ペア

最初に配られた2枚のカードが同じ数字だった場合は、ラッキーです。
この場合も3枚目のカードが配られることになり、3枚目が前の2枚と違う数字ならタイ(引き分け)、3枚目も2枚と同じ数字だった場合はレッドドラゴンとなり、ベット額の12倍が払い戻されます。

なぜペアがラッキーなのかというと、タイだった場合に賭け金が全額払い戻しとなるためです。
ペアが出た瞬間に、少なくとも負けることはなくなります。
スリーカードが揃う確率が低いことは確かですが、ノーリスクで12倍の配当をゲットするチャンスが訪れるのです。

コンセクティブ

レッドドラゴンのゲームが成り立たない場合が、コンセクティブとなります。
たとえば2枚のカードが6と7、1と2のように隣り合う数字だった場合、スプレッドで別の数字が間に入る余地がありません。
この場合は、引き分けとして扱われます。

ペアのように、同じ数字が並ぶわけでもないので、コンセクティブの場合は3枚目のカードが配られることもありません。
コンセクティブによる引き分けが発生した場合は、ペアの引き分けと同じように、賭け金は全額払い戻しになります。

Aに特徴がある数字のカウント方法

レッドドッグは、そのほかのテーブルゲームとはトランプのカウント方法が異なります。
2~10にかけてはその数字のままでカウントしますが、図柄はJが11、Qが12、Kを13とカウントします。
バカラのように、「アルファベットの図柄は0とみなす」という概念がありません。

そして特徴的なのが、Aの読み方です。
一般的なテーブルゲームでは、Aは1と読むことが多いのですが、レッドドッグの場合は、Aを「14」でカウントします。
そのため、ゲームの中で使う数字、は2~14までの13個ということになります。

レッドドラゴンの攻略法・必勝法

続いて、レッドドラゴンを攻略するためのテクニックを紹介します。
レッドドッグに駆け引きはなく、配られたカードを自分の意思で操作することもできません。
そのため、心理戦を仕掛けることはできませんが、以下の方法を使えば、的中率を上げることは可能です。

ライズかスタンドかを決める基準

レッドドッグで稼ぐためのコツは、スプレッドが発生した際にライズするか、それともスタンドするかを選ぶことです。
ライズすると賭け金を2倍にできるので、最大で倍率を6倍から12倍にまで上昇させられます。
稼ぐためには、リスクと向き合いながら、どちらを選択するかを決めることが重要です。

まずはスプレッドの数字に応じた勝率を表で見てみましょう。

カテゴリー 間に数字が入る確率 倍率
スプレッド1 8% 6倍
スプレッド2 16% 5倍
スプレッド3 24% 3倍
スプレッド4 32% 2倍

ここまでの数字を見ると、勝率はいずれも1/3を切っています。
ベットすると分が悪い数字であることは間違いありませんが、スプレッド1~2はリターンも大きくなります。
一気に大勝したい場合や、勝利金が多く余裕があるタイミングなどではベットしてもいいでしょう。

スプレッド4以上になると、倍率は2倍に固定されます。
これが何を意味するかというと、スプレッドが大きくなればなるほど、同じ倍率2倍でも当たりやすくなるということです。
具体的に確率を見てみましょう。

カテゴリー 間に数字が入る確率 倍率
スプレッド5 40% 2倍
スプレッド6 48% 2倍
スプレッド7 56% 2倍
スプレッド8 64% 2倍
スプレッド9 72% 2倍
スプレッド10 80% 2倍
スプレッド11 88% 2倍

スプレッド8にまで広がれば、スプレッド4と比べて的中率は2倍に上がります。
しかし、配当の倍率そのものは2倍のまま変わらないので、スプレッド4以上のカテゴリーでライズを選ぶ場合は、スプレッド6以上を選ぶと、的中率は格段にアップします。

レッドドッグが向いているのはこんなプレイヤー

オンラインカジノには多くのゲームが揃っていますが、その中からレッドドッグを選ぶと楽しみやすいのは、どんなプレイヤーなのでしょうか。
レッドドッグをオススメできる人はどんなタイプなのか、ゲームの特性から考えていきます。

いろいろな勝ち方を楽しめるゲームを探している人

バカラやブラックジャックなどの勝ち方は一定ですが、レッドドッグは2枚のカードが開いた段階で、その後の展開が3つにわかれます。
ペアだった場合は倍率12倍をゲットするチャンスが生まれますし、スプレッドだった場合は間に入る数字を予想しながら、ベット額を決める楽しみが生まれます。

そのため、勝ち方やベット方法には幅が生まれるのです。
ひとつのゲームの中でいろいろな表情を見られる、意外性のあるゲームを楽しんでみたいという人は、レッドドッグを試してみましょう。

リスクの低いゲームを選びたい人

レッドドッグは、タイの場合にベットした金額がすべて戻ってきます。
ペアが出ればその段階で負けることはなくなりますし、コンセクティブだった場合も同じです。
スプレッドに進んだ場合も、数字が開けば開くほど当たる確率は上がり、最大で88%という勝率の組み合わせも出現します。

ポーカーの進め方や用語のまとめ!役の種類やカードの強さも紹介

まとめ

レッドドッグは3枚のカードを使ったテーブルゲームです。
2枚のカードの間に、3枚目のカードの数字が入る余地があるかどうかで決着が決まります。
ベット額を2倍にするチャンスも訪れるので、確率やタイミングを見極めながら大勝を狙えるという点が特徴的です。

自分自身でカードの中身を調節することができないので、攻略法や必勝法はありません。
しかし、逆にいえば、運だけで勝負ができるゲームなので、オンラインカジノに登録したばかりの初心者の方でも、楽しみやすいゲームとしてオススメです。

オンカジで遊ぶなら人気No1のVera&John

日本初の「スマホ」でも遊べるカジノ。登録後すぐに本格的なゲームが出来る!

ベラジョン

ライブゲーム(BJ、ルーレット、バカラ、ポーカー)に加えて、スロットやテーブルゲームも。新ゲームも続々追加中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です